【コラム】ニコニコ動画を説明できるのか?という池上彰さんの問いかけ

実は今、某サービスの使い方を解説する本を制作してます。こういった類いの本はこれまで何度も作ってきましたが、だからといってスラスラ書けるものではありません。

「どういう人が読むのかな」「その人はどういうシーンで使いたいのかな」「どう言えばわかるのかな」と読者対象を想像しつつ、少しでもわかりやすくと心がけてはいるのですが……。

説明上手と言えば、池上彰さん。先日、同氏の「考える力がつく本」を購入しました。そのなかの「田舎のおばあちゃんにニコニコ動画を説明できるか」というところで、こんなことを書かれていました。

全体像がわかっていないのに、わかりやすく説明しようと情報を端折ると、おかしな偏りが出てしまったり、そもそも全体像を捉え間違ってしまったりすることになります。

では、深く勉強してその分野に精通すると、なぜ急にわかりやすい説明ができるようになるのか。それは、どこをそぎ落としていいのかが正確にわかるからです。

「考える力がつく本」(池上彰)

そうなんです。相手が解るように説明するのって、とっても難しい。ちゃんとやろうとすると、どうしても説明が長くなってしまう。しかし、紙の印刷物はスペースが限られているから、シンプルに書かないと紙面が足りない。となると、どこをどう端折ればいいか。どうまとめればわかりやすくなるのか。

安易に削ってしまうと、全体像が崩れる。だから、削るべき場所を精査し、わかりやすさを優先して作っていかなければならない。そのためには、細かいところまで含め、しっかり全体像を理解しておかなければならない……。

そんな訳で、紙の書籍を制作するのって、とーーーっても、難しいんです。その分、やり甲斐があるとも言いますが。池上彰さんを見倣って、さらに精進しなければ。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【旧車生活】ボンネットの隙間埋めます

【重箱の隅つついちゃうよ】帝国に王がいると思ってんのかっ ( ・´ω・`)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る