【はじめてのZoom】解決できたはずの回線速度低下問題、再び……

テレワークに移行する企業が増えている影響か、自宅マンションのネットワーク速度が日増しに低下しています。その改善のため、先日WiMAXを導入しました。

詳しくは「【はじめてのZoom】マンション契約インターネット回線の速度低下問題を解消」(https://www.office-mica.com/magazine/entry/2020/05/08/201341/)でご紹介している通りです。

このWiMAX、下りの通信速度は数十Mbpsで安定しているのですが、上りは数Mbpsと低速。そのため、Zoomなどの双方向通信が重要な遠隔会議システムの場合、こちらの映像・音声の品質が落ちている可能性があります。

一方、マンションLANは、時間によって下りの通信速度が低下しますが、上りは数十Mbpsと安定しています。映像や音声の送信には、マンションLANを使った方が良さそうです。しかし下りが遅いため、表示される映像や音声の品質は今ひとつ。

下りはWiMAX、上りはマンションLANというように使え分けることができれば問題は解決するのですが、そうもいきません。

そこで、パソコンとタブレットを使ってZoomに接続することにしました。パソコンは、マンションLANに接続し映像・音声を送信する用途として使い、タブレットはWiMAXに接続し、参加者の顔や音声を確認する用途として使います(ハウリングをするのでマイクはミュート。画像を送る必要もないので、ビデオもミュート設定です)。

このように、端末側で用途をわけることで、マンションLANとWiMAXのいいところ取りをしようという算段です。

やってみると、特に問題なくZoomを利用できました。この場合、有償プランでなければ使用時間に制限が出てしまうので、ミーティングの時間はシビアになりますが、効率的にミーティングを行えばなんとかなるでしょう。

ただ、軽微な問題はあります。Zoomのギャラリーに「パソコン」と「タブレット」の二人分を使ってしまうことが気になります。「なぜ秋葉さんが二人いるの?」と気にされる参加者もいるからです。

この解決は、「【はじめてのZoom】 音声のみで参加しているユーザーを非表示にする」(https://www.office-mica.com/magazine/entry/2020/04/17/101517/)を行うことで解決できました。

さてさて、これで快適なZoom環境が構築できたはず……。しばらくテストしてみて、新たな課題がないかチェックしてみようと思います。

秋葉 けんた

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

新しい生活様式の実践例について

【コラム】 激動の時代、パラダイムシフトに気づくには

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る