【重箱の隅つついちゃうよ】「1つ折り」って折ってないよね(´・д・`)

腕利きの編集者&ライターである堀井塚さんが、間違った日本語の使い方を解説する「重箱の隅」シリーズ。ここに掲載されているのは、実際に堀井塚さんが編集した原稿の中にあった例だそうです。恥ずかしながら、私も同じような使い方をしていた覚えが……。

それでは、今回も選りすぐりの5例をご紹介しましょう! (井上真花)

(1) どんだけコンテンツ?(´・д・`)

◯◯のコンテンツには学習コンテンツ、△△コンテンツ、□□コンテンツなど、さまざまなコンテンツが用意されている……コンテンツうぜぇ。(´・д・`)

(2) 真面目に取り組め(´・д・`)

目の色を変えたように取り組んでいる」って言われると、「目の色を変えて取り組め」と言いたくなるナ。(´・ω・`)

(3) 梶芽衣子の歌しか思い浮かばない(´・д・`)

恨み節まじりの声」って梶芽衣子かっ。恨み言だろ?(´・ω・`) 恨み節は「長々と、または繰り返し言う恨み言を歌にたとえていう語」by広辞苑第七版

(4) 「以前から今までから」ってなんだよ(´・д・`)

従来」は「以前から今まで」の意味なので「従来から」って言ったら「以前から今までから」になっちゃうんだな。(´・д・`)

(5) それ、折ってないよね(´・д・`)

「1つ折り」って折ってないよね。折ったら最低2つだよね……

次回もつつきまくるよっ
(`・ω・´)ゞ

堀井塚 高

堀井塚 高

投稿者プロフィール

企画・執筆から編集、校正までを一人でこなす“校了請負人”。IT関連はもちろん、金融商品、医療関係、ラノベ、乙女ゲー攻略本まで幅広く対応する。趣味は将棋(アマ三段)と外国語学習(英語、フランス語、イタリア語)。家族は高校生の息子とアレクサ6台。座右の銘は「愚直」「悪党の最期なんて、そんなもんだろ」。

この著者の最新の記事

関連記事

【今週のおすすめゲーム】サンドボックスでサバイバル!「Scrap Mechanic」/「Raft」

新しい生活様式の実践例について

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る