【コラム】まさに「重箱の隅」をつつくようなお話

先日からスタートした「重箱の隅つついちゃうよ」シリーズ、トップ画像はイラストレーターである三井俊之さんに描いていただきました。

まず、こちらの3つのイラストをご覧ください。どこが違うか、わかりますか?

多分、よく見ないとわからないと思いますが……正解は、堀井塚さんが右手に持っているアイテム。一番上が赤ペン、次が赤鉛筆、一番下が爪楊枝です。

はじめに掲載していたのは、一番上にある「赤ペン先生バージョン」でしたが、著者である堀井塚さんから「物言い」がつき、修正したのがその下の「赤鉛筆」バージョン。

いわく「右手に持っているペンがそれらしく見えないといわれ、急遽、赤鉛筆に持ち替えたバージョンに修正しました」とのこと。

さらに、「重箱の隅だったら爪楊枝だろうという、まさに重箱の隅をつつくような意見を言われたので、そのバージョンも用意しました」だそうです。さすが堀井塚さん、「重箱の隅つつき」のプロフェッショナル……。

実際の会話ログも掲載いたしますね。実はこのお二方、学生時代からのお友だちとのこと。

ということで、三井さんにせっせと描いて頂いた3バージョンのイラスト、せっかくなのですべてご披露いたしました! お二人とも、ご苦労さまでした!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【はじめてのZoom】ミーティングから退出する

【今週のおすすめゲーム】ストレス発散に最適!「DayZ」/「MORDHAU」

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る