【コラム】Zoomお花見、世界中から50余名が参加!

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、外出自粛が続いています。しかし今は、ちょうどお花見の時期。外では桜が満開です。例年ならFacebookの「熊本弁ネイティブの会」というグループメンバーの皆さんと一緒に花見をしている頃。今年は皆さんとお会いできないだろうなあ、寂しいなあ……と思っていました。

ところが、そうではありませんでした。熊本弁ネイティブの会から「今年の花見はオンラインで開催する」との通知があり、「どういうこと?」と見てみたら、なんと「Zoom」というテレビ会議サービスを使って、オンライン呑み会をやろうという話に。

当日は参加者が50名ほど。いつもなら東京近辺の人しか参加できないはずが、今回はオンラインということもあって全国、いや全世界(バンクーバーやパリなど)から参加者が集まり、Zoom画面で乾杯。各々工夫をこらし、バーチャル背景に桜を設置したりしたものだから、それこそ各地の桜を楽しむことができ、実に豪華な花見の会となりました。

写真は、熊本で活躍しているアーティスト、タイチジャングルさん。桜を背負ってのオンラインライブ、盛り上がりました!

外出自粛という状況が続くと閉塞感がありますが、いまはテクノロジーが進化し、いろんなことができるようになっています。「外出禁止だから無理」とすぐに諦めるのではなく、いろいろなツールを使って工夫すれば、また違った楽しみ方ができるのかもしれない。今回のオンライン花見を体験し、そんなことを思いました。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【家電】スマホや音声で操作可能 今ある家電を楽々スマートに

【旧車生活】仇桜

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る