【家電】スマホや音声で操作可能 今ある家電を楽々スマートに

スマホや音声で操作可能 今ある家電を楽々スマートに

白物家電の最新トレンドを、家電コーディネーターの戸井田園子さんがキーワードで解説する連載。第3回のキーワードは「楽スマ家電」です。

インターネットにつながったりAI(人工知能)機能を搭載することでより便利に使えるようになる「スマート家電」が次々に登場しています。ただ、まだ高価なこともあり、一般的に普及しているとは言えません。

そこでぜひ試してみたいのが、今ある家電とつなげることで、簡単にスマート家電のような操作性を実現する「楽スマ家電」です。

たとえば、今ある家電をスマート家電に変える魔法のような端末「スマートリモコン」。我が家でも使っていて、とても重宝しています。

このほかにも、従来の家電の電源をさすだけでスマホやスマートスピーカーでの操作が可能になるコンセント式プラグタイプ製品、電球を変えるだけで照明のオン・オフがスマホなどで操作できるようになる電球など、コスパのいい製品をご紹介。

あまりお金をかけずにスマート家電のある生活を体験したい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【今週のおすすめゲーム】Monster Hunter World: Iceborne/Bright Memory

【コラム】Zoomお花見、世界中から50余名が参加!

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る