【今週のおすすめゲーム】Beholder/Factorio

辻村です。 このコーナーでは「すちーむまにあ」である私が「おもしろい!」と思ったゲームを毎週ご紹介していきます。

今週ご紹介するのは「Beholder」と「Factorio」の2本。どちらもおもしろいので、ぜひプレイしてみてください。

ゼロから始める物づくりを楽しもう「Factorio」

Factorio

「Factorio」とは、なにもないところから資源を採掘し、その資源を加工しながら工場を建築していくという「工場建築」シミュレーションゲーム。最初は手動でちまちまと作業を進めますが、少し進化するとそれが自動化されて効率アップ。工夫次第で、効率よく物づくりできるようになります。

パッと見た印象だと画面は暗いし、はじめは作業が地味すぎて「なにが面白いんだかよくわからない」と思うかもしれませんが、効率を考えて頭で計算して自動化させ、それが予想通りちゃんと動いた時の喜びは格別! アルゴリズムを理解するのにも適しているので、お子さんと一緒にやるのもいいかも。

住民の私生活を監視して国家に密告するゲーム「Beholder」

Beholder

「Beholder」とは、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて開発資金を募って制作された2Dアドベンチャーゲーム。一見、かわいらしいキャラクターデザインですが、その内容は、住民の私生活を監視し、国家に密告するというもの。「全体主義国家」というモチーフに「?」となりましたが、それもそのはず。開発元であるWarm Lamp Gamesは旧ソ連(現ロシア)の会社でした。

主人公(つまりプレイヤーであるあなた)は、住民を監視するため空き巣に入ったり、監視カメラで私生活をのぞき見したり。ときにはわざと禁制品を仕込み、犯罪をでっち上げたりします。怖いですね、ブラックですね……。

実際にプレイしている画像や操作方法などは、こちらの記事で詳しく説明しています。よかったら参考にしてください。

辻村 美奈(つじむら みな)

辻村 美奈(つじむら みな)

投稿者プロフィール

■プロフィール
北海道出身で、PCゲームのゲームヲタ。ゲームライターとして、価格コムやNIKKEI STYLE、トレンディネットなどで記事を執筆しています。
現在、Steamのゲームを紹介するSteam Maniaを運営中!

●連絡先
ブログ:https://steammania.tokyo/
メール:mina@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【コラム】日常の風景の向こう側に、うっすらと「死」が透けて見えるということ

【DIME】デルのノートPC『Dell G5 15』をレビューしました!

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る