【コラム】日常の風景の向こう側に、うっすらと「死」が透けて見えるということ

3月20日、ついにワニくんが亡くなりました。なんのこと?と思う人、ぜひこちらをご覧ください。

きくちゆうきさんのTwitter

私がこのワニくんに気づいたのは、ごく最近のこと。ある編集さんが「あれはうまい仕掛けですよね」と話しているのを聞き、興味を持ったんです。

さてこの漫画、なにが「うまい仕掛け」だったのでしょうか。私は、なんといっても「タイトル」だと思っています。

タイトルは、「100日後に死ぬワニ」。最初に「このワニは100日後に死ぬよ」と宣言することで、読者はみんなワニの運命を知ります。しかし、当人であるワニくんはそのことを知りません。

そうすると、ワニくんが過ごす100日間の当たり前(ほんと、めちゃめちゃ普通です!)な日々が、読者の目にはちょっと違って見えてくる。いつも、4コマの向こうにうっすらと「THE END」という文字が見えてしまうような。だから、なんでもないシーンがとても切なく見えてしまうというような。

考えてみると、これってもう「神の視点」ですよね。

そう。作者がつけたタイトルによって、私たちは自ずと「神の視点」を持たされてしまったんです。つまり作者は、漫画の登場人物だけでなく、読者である私たちの視点までコントロールしていたってこと。それも、ただタイトルに「100日目に死にます」と宣言するだけで。

これ、すごいことだなあと。よく思いついたよなあと。神の視点になってしまったからには、もうしょうがない。彼の日常を見るたび、読者はみな彼の死を意識し、常に彼の日常の向こうに「死」を見てしまうんです。

でも考えてみれば、これって特別なことではない。ごく普通のことですよね。私たちだって、いずれ死ぬんですから。そんなこと、みんな知っています。違うのは「あと何日」ということを私たち自身が知らないということだけ。まるで、あのワニくんのように。

死も、変化のひとつである。私は、この漫画を読んでそんなことを思いました。日常の先に、死はやってくる。私たちはみんな、諸行無常の世界に生きている。そのことを、こんな斬新な手法で読者に突きつけた「きくちゆうき」さん、すごいです。まんまとしてやられました。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【LINE】スマホ替える時、アカウント移行でありがちな「落とし穴」

【今週のおすすめゲーム】Beholder/Factorio

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-7-1

    【インタビュー】No.0009 妻を亡くして3年、今の心境を父、井上清継が語る

    2016年6月21日、脳出血で母が亡くなりました。前日まで元気に暮らしていただけに、突然ひとり残さ…
  2. 2019-8-13

    【インタビュー】No.0017 ITライターから宇宙ライターへ。松村武宏さんが語る宇宙の魅力

    格安スマホライターとして有名な松村武宏さん、実はチームマイカのメンバーでもあります。マイカでお願い…
ページ上部へ戻る