【コラム】少年よ、憧れの存在を超えて英雄になれ! by XENO

小さい頃、週末の夜が楽しみでした。その理由は、家族でボードゲームができるから。私は一人っ子でしたから、一緒に遊べる兄弟はいません。それでいつも、父と母が相手をしてくれていたんです。

その時遊んだのは、いわゆる「ファミリー盤」。ダイヤモンドゲームやすごろく、ルーレットなどがセットになっていました。私は特にルーレットが一番好きで、何度も何度も繰り返しやっていました。今にして思えば、親もよく付き合ってくれたものです。

私の息子と娘はトランプが好きで、家族でよく戦っていました。二人とも、勝負事になると燃えるタイプだったらしく、「7並べ」や「ポーカー」、「ダウト」でよくあんなに盛り上がれたものだなと、今でも懐かしく思い出します。

ところで最近「XENO」というカードゲームを購入しました。こんなご時世、なかなか表に出て遊ぶ機会がもてないので、家のなかで楽しく遊べるものが欲しかったんです。

「XENO」とは、オリエンタルラジオの中田敦彦さんが作ったカードゲーム。YouTubeで中田さんとメンタリストDaiGoさんが戦っているのを見てやりたくなり、Amazonで購入しました(770円)。今夜あたり、夫婦でガチ勝負してみるつもり。ルールがシンプルなので、もう少し孫が大きくなれば一緒に遊べるかも。

なかなか遊びに行けない春休み、もしお子さんが暇を持て余しているようでしたら、カードゲームやボードゲームを買って家族で楽しんでみてはいかが。そういえば、最近の「人生ゲーム」はいろいろなバージョンがあるようですよ。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【暮らし】バナナマフィンと紅玉ジャム

【LINE】スマホ替える時、アカウント移行でありがちな「落とし穴」

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-5-20

    【インタビュー】No.0002 家電コーディネータ戸井田園子さんに聞く「スマート家電の実情」

    家電コーディネーターの戸井田園子さん、最近はコメンテーターとしてテレビやラジオでお見かけする機会が増…
  2. 2019-8-12

    【インタビュー】No.0016 グローバルな子はワガママであれ!ジュネーヴ在住、杉野ママの子育てとは

    かつしかFM「早く教えてっ!ママレーザー」のパーソナリティとしてご活躍していた杉野朋子さんは、小5…
ページ上部へ戻る