【インタビュー】PDAファンの愛読書「MobilePRESS」のマニアな裏側

「乾電池特集で60ページ? やろう!」PDAファンの愛読書「MobilePRESS」のマニアな裏側

PDAユーザーなら一度は目にしたことがあるはず。満を持して、この連載に「MobilePRESS」の編集長が登場しました!

実はこの連載、以前「PDAマガジン」の編集長だったジャイアン鈴木さんにもご登場いただいたことがありました。

編集長の視点って、おもしろいんですよね。少し引いた目でクールに市場全体を見ていると思いきや、プライベートではかなりの偏愛ぶりを発揮していたりして。そのあたりのギャップが、個人的にはかなりツボなんですが。

実は私、創刊当時から「MobilePRESS」の編集部に在籍しておりまして、編集長の伊東さんは直属の上司でした。そんな私の目から見た伊東さんは、いつもとても物静かで、よく言えば謎多き人。悪く言えば「何考えているんだからさっぱりわからない……」イケメンでした。

今もイケメンな伊東さん

しかし、そのおとなしげな印象とは裏腹に、おなかの中には非常に熱いモノというか、頑固なモノというか、偏愛的なモノというか……そういうものが隠れておりまして。

なんかこう、「底知れないなあ……」という印象も強く残っています。

そんな彼が、どんな思いで「MobilePRESS」を作ってきたのか。実際、彼の本心はどうだったのか。インタビューという形を借りて、当時の私が抱えていた謎を解き明かそうというのが、今回の記事のメインテーマです(←そうだったのか!)。

一番聞きたかったのは、「乾電池特集」(全60ページ)という恵庭有(KTR)さんの持ち込み企画が、なぜ通ったのか? あの記事を誰が読むと思ったのか? という話。私の記憶によると、編集部全体が「ええー、そんなの誰も読まないよ」と言っていたように思うのですが……。

せっかくのチャンスなので、そのあたりを含め、いろいろ突っ込んだお話を聞いてみました。伊東さん、最初はなかなか口を割ろうとしなかったのですが、途中から乗ってきたのか、いろいろ話してくださいました。で、わかったことが……やっぱりこの人、ちょっとおかしいわ!(←褒めてます)。

だんだんノリが良くなってきた伊東さん
滅多に見られない満面の笑み!やった!

ということで、詳しくは元記事をどうぞ! きっと楽しんでいただけると思います。

あ、MobilePRESS全巻のお写真を快くお貸し出しいただきました鈴木啓一さん、ありがとうございました!

「乾電池特集で60ページ? やろう!」PDAファンの愛読書「MobilePRESS」のマニアな裏側

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【テレワークやってみて感じたこと】3週間目〜 NURO光が開通した

【テレワークやってみて感じたこと】4週間目~ 小物を選べばテンションアップ

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-6-20

    【インタビュー】No.0008 ゲームライター辻村美奈が8年前にハマったゲームとは

    ゲームレビューやゲーミングPC、周辺アクセサリのレビューなど、マイカでゲームに関する記事を執筆して…
  2. 2019-7-12

    【インタビュー】No. 0013 末期がんを告知された水城さんが考える、コンテンツを作る意味とは

    30年来の友人である、水城ゆうさん。NIFTY-Serve「FBOOK」フォーラムのシスオペだった…
ページ上部へ戻る