【コラム】メンタルの弱い性格をなんとかしたい!

最近、ちょっとメンタリストDaiGoさんにハマっておりまして、いろいろ動画を見ています。DaiGoさんって、ほんと興味深い。

この前見たのは「メンタルの弱い自分の性格を変える10の介入行動」という動画。DaiGoさんによると、「メンタルが弱い」というのは、ちょっとした緊張や不安ですぐに動揺してしまうということ。反対に、「メンタルが強い」というのは、どんな状況でも感情が安定しているということ。とすると、私は「メンタルが弱い」。回りの状況によって感情が変わりやすいという一面をもっています。

DaiGoさんによると、ポイントは10個あって、そのうちのいくつかを毎日行動していればメンタル強化の効果があるとのこと。それならやってみよう!と思い、本日で7日目です。まだ目立った効果は出てきませんが……とりあえず、(今の日本の状況で)毎日楽しく暮らせているのだから、効果ありなのではないかと。

さて、その10のポイントにつきましてはDaiGoさんの動画をご覧いただくことにして、私からも2つ、介入行動をご提案しようと思います。

(1) 「これさえあれば幸せになれる」をコレクションする

これ、「コロナ疲れから脱する3つの方法」でも書きましたね。しつこいようだけど、本当に効果絶大なので再掲。この記事でも書いた通り、私の場合は「音楽」と「海外ミステリドラマ」。この2つがあればたいていのことは乗り越えられますが、できればもっと増やしていきたい。たとえば「好きな香り」とか「美味しいお菓子」とか。できれば、「好きな触感」も確保しておきたいですね。ワンコのぷにぷに肉球とか。

(2) 体の一部を動かす

といっても、「運動しよう」ということではありません。そこまでハードルをあげると、なかなかできませんから。

たとえば、ちょっとベランダの外に出てみるとか、深呼吸してみるとか。せいぜい、その程度。心のモヤモヤから意識を引っぺがし、体の感覚に目を向けることで、少し気分が変わるという効果があると思っています。

そういえばこの前、「何もする気にならないときは、ガムを噛む」という人がいました。ガムを噛むと、顎が動く。ほんの小さな動きでも、体の一部が少し動き出すだけで、次の行動がでやすくなるとのこと。それを聞いて、私、梅干しでやってみたんですが、梅干しでも結構いける。ぜひ試してみてください。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

新型コロナ・ウィルス最新情報(2020年3月11日版)

【テレワーク寺子屋】テレビをZoom端末にする

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る