【コラム】自己高揚的ユーモアが窮地を救う

先日、メンタリストDaiGoさんの「中居正広さんの記者会見を心理的に分析」という動画を見ました。

DaiGoさんいわく、中居正広さんの記者会見には2つのユーモアがうまく取り入れられていたとのこと。

その2つのユーモアとは、以下の通り。

(1) 親和的ユーモア
他者を楽しませたり、関係を促進したり、対人間の緊張を和らげるために使う他者に対して肯定的なユーモア。

これはわかりやすいですね。しかしもう1つは、ちょっと難しい。

(2) 自己高揚的ユーモア
直面するストレスや困難な状況をユーモラスに捉え、自分の緊張を和らげるために使う自己に対して肯定的なユーモア。たとえば、こんな感じ。

  • 落ち込んでいるとき、面白いことを思いついて笑う。
  • 今の状況を観察し、なにかおもしろいことを見つけ出す。
  • 自分の失敗をガハハと笑い飛ばす。

こういったことができる人は、創造性が高くてストレスにも強く、自信、楽観性、幸福度はいずれも高めとのことです。

ちなみに、否定的な効果を与える「自虐的ユーモア」と「攻撃的ユーモア」というものもあって、いずれも自己&対人関係を築く上でマイナスの影響をもたらすとのこと。同じ「ユーモア」でも、効果が全然違うんですね。

さて、大きな変化に伴い、多くの人がストレスに晒されている今日この頃。こういうときに上手なユーモアを使える人がいれば、その人自身はもちろん、回りの人のストレスも解放し、楽にしてくれるはず。

私もそういうユーモアが使えるようになるといいなあと思いますが、実際はなかなかうまくいかない。ユーモアの修行しなければ!

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【旧車生活】夏が来れば思い出す(まだやけど)

【ニュース】困っていませんか? 休校対策

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る