【テレワーク寺子屋】いざテレワーク 先進企業に学ぶ「在宅に必要なモノ」

いざテレワーク 先進企業に学ぶ「在宅に必要なモノ」

かおりさんがTwitterで「#リモワノウハウ語るよ」というハッシュタグをつけてつぶやいた連続ツイートからスタートした記事です。

以前、この別冊マイカでご紹介した内容を引用しますね。

ということで、Twitterでお友達のかおりさんの連続ツイートをご紹介。彼女は2016年の夏から毎日テレワークされているとか。そんな彼女が、テレワークをやる上で感じたこと、赤裸々につぶやいています。とても面白かったしためになったので、かおりさんの許可を得て、こちらに転載することにしました! とくに最後の極意は重要なので、ポストイットに書いてモニターに貼っておくといいかも。かおりさんの元ツイートはこちら。これからも追加していくそうなので、こまめにチェックしましょう!→https://twitter.com/kaoritter/status/1229389490860384256

引用元:https://www.office-mica.com/magazine/entry/2020/02/18/171017/

実はこのあと、また新しい展開がありました。NIKKEI STYLE編集部から「ぜひかおりさんにインタビューを」という依頼があり、この記事を掲載した翌日にかおりさんを取材、その翌々日に原稿アップ。私史上、最速記録をたたき出しました!

記事に書かれているのは、さらに詳しいテレワークのコツなど。たとえばこんな感じ。

  • スマホを買ったときについてきたイヤフォンが役に立つよ
  • ずっとうまく使えなかったスマートスピーカーが活躍するチャンス!
  • いらない雑誌があればノートPCの下に敷いとけ
  • 好きなお茶やコーヒーを充実させておくことは大事
  • 電子レンジには付箋を貼れ!

「え、どういうこと?」と思ったあなた、ぜひ元記事をご覧下さい!

いざテレワーク 先進企業に学ぶ「在宅に必要なモノ」

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

新型コロナ・ウィルス最新情報(2020年3月2日版)

【レビュー】最新家電、サブスクや貸し出しで気軽にお試し

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る