【コラム】一番嫌いなのは、自分が正しいと思い込むこと

2月24日、NHKで「塩野七生と高校生の対話」の再放送を見ました。塩野七生さんといえば、歴史エッセイがおなじみ。「チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷」の著者です。

そんな塩野さんが17歳の高校生たちと対話するという番組。テレビをつけたとき、たまたま再放送が放映されていたので、途中からですが、最後まで見てみようと思いました。

塩野さんは、御年82才。滑舌がいい話し方ではありませんでしたが、高校生たちは、ただの一言も聞き逃さないように、じっと塩野さんを見つめて熱心に話を聞いていました。

高校生たちは、塩野さんにさまざまな疑問をぶつけます。それに対して、丁寧な説明を試みる塩野さん。そのなかにいくつか印象的な言葉がありましたが、ひとつだけご紹介します。

高校生「正しいことはありますか?」
塩野さん「正解はないと思った方がいいわ」

そのあと、こう続けました。
「私が一番嫌いなのは、自分が正しいと思い込むこと。『みっともない真似はしない』は規範になるけれど、そこには正しいか否かという基準はないわね」

さすがです、塩野さん。私がなんとなく感じていたことをズバッと言葉にしてくれた。そうそう、そういうことなんだと思います。

今日もできるだけみっともない真似をせず、スキッと、スカッと生きていきたいものですね。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【テレワークやってみて感じたこと】2〜5日目・つまりセルフマネージメント?

【テレワーク寺子屋】なにも準備しないままとりあえずテレワークを始めてみた(5)結局、音声会議でOK!?

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る