【家電】「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

職人家電」ってご存じですか?

1つの機能にこだわり、徹底的にクオリティーをアップさせた家電。いわばその道のプロ、職人しかできないような技術を再現した家電のことを、戸井田園子さんは「職人家電」と呼んでいます。

その代表的な製品がいくつかありますね。たとえば、極上の白米が自宅で食べられる炊飯器。

かまどさん電気(シロカ)

あるいは、極上のトーストを一枚だけ丁寧に焼き上げるブレッドオーブン。

1度に1枚しか焼けないトースター、三菱電機の「ブレッドオーブン」

焼き芋メーカー、なんてのもあります。

SOLUNA 焼き芋メーカー BakeFree WFT-103(ドウシシャ)

リンク元の記事では、これら「職人家電」について、家電コーディネーターの戸井田園子さんが詳しく解説しています。「家メシをアップデートしたい」と思っているあなた、ぜひご覧くださいませ!

「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【旧車生活】青い空白い雲

【テレワーク寺子屋】なにも準備しないままとりあえずテレワークを始めてみた(3) ぼくのパソコンにはカメラがない!

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る