【隠居の書棚】 #05.5 映画『ナイブズアウト』補遺と考察

 『ナイブズアウト』を再び観た。初回の感想については、先日公開されたこちらの記事をみて欲しい↓

 良くできた本格ミステリは、二度読める。手がかりや伏線の配置、構成の巧みさ、レッドヘリングの撒き方、トリックの効果的な活かし方などを、後からじっくり検証すると、意外な発見があって楽しめるのだ。「二度読んで楽しめるのが良いミステリだ」なんて誰かが言っていた気がするが、大筋で賛成だ。
 本ならば拾い読みやななめ読みもできるし、ビデオ映像は早送りや一時停止が可能だが、公開中の映画は、わざわざ劇場に出かけて行って、二時間かけて観なおすしか手がない。『ナイブズアウト』は、それでもまったく退屈させられることがなかった。シンプルに面白いのである。
 「二度観ても面白いミステリ映画は、良いミステリ映画」なのだ。
 …とはいえ、再度検証すると、問題点もいろいろ見えてくる。今回のコラムは、より内容に深く触れることになるので、白紙で映画を観たい人は読まないでほしい。もちろん、本質的なネタバレはしないつもりだが、カンのいい人にはいろいろ判ってしまう恐れもある。

◆お詫びと訂正

 前回のコラムで「吹き替え版では表現できない、大事な手がかりがある」と書いたが、それは間違いであった。申し訳ない。
 実は、字幕版でもまったく表現できてなかったのだ。それどころか、字幕という「文字」にすることによって、完全に「事実ではないセリフ」になり、むしろ非常にアンフェアな手がかりになっていたのだった。当初これに気が付かなかったのは、恥ずかしい限りだ。
 とはいえ、これは英語で聞いているからこそ成立する手がかりではある。だから、どう訳せばいいのかアイディアが浮かばない。かといって無視するにはあまりに重要(なにしろモロに犯人を名指ししている!)なセリフなのだ。本来なら、翻訳家や日本の制作会社が知恵を集め、監督の確認を経た上で、思い切った意訳や変更を検討せねばならないところである。それを怠って嘘の混じった字幕を入れたことは、この完成度の高いミステリに対して(日本側の対応が)傷をつけることになったとさえいえるだろう。今後、DVD化などの際は、より適切な形になることを期待したい。

◆探偵の名前

 ところで、現職(?)の007/ジェームス・ボンドであるダニエル・クレイグが演じる探偵の名は「BennoitBlanc」。フランス系の名前らしく(blancはワインでおなじみの「白」)、これはベルギー人で仏語読みのエルキュール・ポアロ(HerculePoirot)へのオマージュかと思われる(クリスティに捧げられた映画であると宣伝されている)。パンフや字幕では仏語っぽく「ブノワ・ブラン」と訳されているのだが、実際に映画で聞いていると、本人も周りも「ブランク」と、明らかに最後のCを発音している(ブノアのほうは未確認なので、ご覧になる方は良く聞いてみて)。
 探偵自身は南部出身のアメリカ人で、英語読みをしているようなのだ。なのに、日本表記ではブランと仏語読み。なんだかしっくりこない。脚本だけを読んで訳されたのだろうか。

◆クラシックなクリスティ的パッケージの中身は…

 前回のコラムでは、物語中盤で古典的「犯人探し」を「コロンボ効果を狙った倒叙ミステリ」へ移行し、映像的に映える面白さに変化させたのではないか?という妄想めいた仮説を書いた。今回、再確認して、この仮説が強化されたように感じた。
 二度目の鑑賞時に時間を計ってみたところ、視点人物の回想で、事件当時に何がおきたのかという「真相」が明かされるのは、中盤どころか始まってたった30分後からだった。起承転結の「起」にあたる、事件の概要と登場人物の紹介が終わった途端に、である。
 つまり誰が犯人で何が起こったのか?という最大の謎は、本筋が始まる前に、終了してしまうのだ。
 その後、「事件の真相を知っているが故に犯人的な役割を与えられた」人物と探偵が、一見協力して捜査を行いつつも、見えない火花を散らして対決していくことになる。とぼけた様子でジリジリと捜査を進める探偵と、隠蔽工作の証拠を糊塗しようと奔走する犯人(的人物)。この構図はまさにコロンボである。起承転結で言えば「承と転」は、この構図から得られるサスペンスで引っ張っていくといっていい。犯人探しではないのだ(と思わせておいて…なのだが)。
 地道な捜査や尋問を、映像的に退屈させずにサスペンスの中で描くこの手法は、もちろん意図的にとられたものに違いない。
 監督がコロンボ式を、換骨奪胎したという傍証として、途中『ジェシカおばさんの事件簿』がテレビで流れるシーンがある。『ジェシカおばさん』はコロンボを生み出した製作者ウィリアム・リンクとリチャード・レビンソンによる人気ミステリドラマであり、これは明確なオマージュといえないだろうか。
 フレーバーはクリスティだが、実質的な構造はコロンボ。一見ありふれた、クラシックな犯人探しの謎に見せて、実は映像向きのサスペンスをエンジンに隠し持っているのだ。

◆大事な部分のアンフェア

 コロンボ式の「探偵VS 犯人」が物語を引っ張ると言ったが、もちろんそれで終わるわけではない。驚くべき遺言書の発表とそこから起きる騒動、謎の恐喝者の登場、第二の殺人…と、「犯人的人物」の想定外に物語は広がっていく。この幾層も複雑な物語を積み上げていく手際が見事である。安物の二時間ドラマのように「このへんで一人殺して視聴率あげとけ」という薄っぺらな理由で人が死んだりはしない。
 そのスピードについていけなくなるぐらいに事件に翻弄され、やがてある決定的な証拠が、さらに奥の真相をあぶり出す。
 ところが。
 探偵は、この決定的な証拠の中身を見たはずなのに、観客には解決編になるまで教えない。
 これ、すごくアンフェアである。探偵と読者(観客)は同じ情報を与えられなければならない。それが本格ミステリのルールだ。
 ところが、ラスト付近ではすごいスピードで目まぐるしく物語が展開し、怒涛の勢いで解決編に入ってしまうので、最初に観たときはこのアンフェアさに気が付かなかった。うかつだった。
 でも、ちょっとずるいよなぁ。
 あれの中身を見せても、観客は頭に「????」を浮かべたまま解決編に導かれるだろうから、隠す必要ないのである。むしろ謎がひとつ増えて、解決編がますます楽しみになるはず。
 ここまでほぼ完璧なフェアプレイを誇っていたのに、肝心なところで弱気がでてしまったようだ。もったいないなー。
 でも、この映画が、誰もが楽しめ、ミステリマニアも満足させる最高到達点であるのは間違いない。ぜひ観に行って確かめてほしい。

白井 武志

投稿者プロフィール

模型会社「海洋堂」で企画制作/造形家として30年勤め、退職後琵琶湖のほとりに移住して、余生は釣り(トップウォータールアーによるバス、タナゴ)をして過ごす隠居。パソコン通信時代を知るネットワーカー。PCの海外RPG、漫画、海外ドラマ、本格ミステリなどを少々嗜む。

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊辻村】探索がメイン! お化け屋敷のようなホラーゲーム「Visage」

【知識のワクチン】#02 感染防止戦略:STOP日本の感染拡大

新型コロナ・ウイルス最新情報

  1. このコーナーでは、テンソルコア代表・秋月雅史が最新の「感染拡大の現状」についてお伝えします。 …

オススメの記事

  1. 2020-2-18

    【テレワークやってみて感じたこと】0日目 時差出勤

    感染源がよく分からない新型コロナウイルスの患者が出始めるという事態になり、国は不要不急の集まりを控…
  2. 2020-2-18

    【テレワーク寺子屋】なにも準備しないままとりあえずテレワークを始めてみた(1) Zoomをセットアップ

    新型コロナ・ウイルスの影響で、マイカは本日からテレワークを始めました! といっても、これまで全く準…
  3. 2020-2-18

    【休日ランチ】伊豆天城「あまご茶屋」の紅姫あまご漬け丼

    伊豆へ行ってきました。 いつもならいろいろ下調べしてから出かけるのですが急に思い立って出かけ…
  4. 2020-2-12

    【旧車生活】オーバークロック

    電気街口を降りて、ダイビルからUDXにいたる場所。そこはかつて、広いバスケットコートでした。人が行…
  5. 2020-2-20

    【家電】「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK

    「職人家電」家メシでプロの味 オムレツや焼き鳥OK 「職人家電」ってご存じですか? 1…

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-7-12

    【インタビュー】No. 0013 末期がんを告知された水城さんが考える、コンテンツを作る意味とは

    30年来の友人である、水城ゆうさん。NIFTY-Serve「FBOOK」フォーラムのシスオペだった…
  2. 2019-7-11

    【インタビュー】No.0011 カカクコム松田真理が目指す、理想の文章とは

    以前、マイカ社員として一緒に仕事をしていた松田真理(まつだしんり)くん。2013年退社後、カカクコ…
  3. 2019-8-12

    【インタビュー】No.0016 グローバルな子はワガママであれ!ジュネーヴ在住、杉野ママの子育てとは

    かつしかFM「早く教えてっ!ママレーザー」のパーソナリティとしてご活躍していた杉野朋子さんは、小5…
ページ上部へ戻る