【コラム】人の手帳を見るのは楽しい

もう2月も半ば。
この時期、「ほぼ日手帳」の4月はじまり版が発売されます

ほぼ日手帳には、年始めから使うものと4月から使うものがあって、
おかげで私は年に2度、悩ましい気持ちになります。

手帳を買っても、最後まで書いた試しがない。
だから、買わない! ……昨年末にそう決めたはずなのに。

春らしいデザインの「4月はじまり版」を見て、
つい心揺らいでしまう、業の深い私です。

最近、手帳に関するコミュニティに参加するようになり、
いろんな人の手帳を見せてもらう機会が増えました。

予定と一緒に日記も書きこんでいたり、
アイデアを書き留めたメモになっていたり、
もらった名刺や映画のチケットを貼っていたり、
自分の感情を記録した「感情日記」になっていたり。

手帳の書き方にも、いろいろあるんですね。

あなたはどんな風に手帳を使っていますか?
「こんな風に使っているよ」というアイデアがあれば
教えてもらえると嬉しいです。
(そして私の背中を押して!)

追記:東京の参宮橋に、こんなギャラリーもあるようです→「手帳類図書室」


オフィスマイカでは、毎週メールマガジンを配信。井上真花によるコラムのほか、別冊マイカの更新情報やイベント告知、メディア掲載記事の要約などをお届けしています。どなたでも無料で購読できますので、興味のある方は下記フォームからお申し込みください。

メールマガジンのお申し込みはこちら

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【旧車生活】オーバークロック

【ランチ遠足】浅草「タイガー餃子会館」の香菜餃子

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る