【インタビュー】「オフ会で見せびらかすためにPalmを光らせる」PDA改造を通して見えたガジェット愛

「オフ会で見せびらかすためにPalmを光らせる」PDA改造を通して見えたガジェット愛

Palmユーザーなら誰でも「KAIZO」という5文字を見ると気持ちがザワザワするはず。

もともとPDAユーザーは、やたらと自分の端末をカスタマイズして見せびらかしがちですが、なかでもPalmユーザーはその傾向が強い。しかも、その方向性が少し普通じゃない。(←褒めてます)

一応、ウソでも「こうするとすごく便利でしょ」「もっと使いやすくしてみました」的な言い訳つきでカスタマイズするユーザーが多い中、KAIZO系Palmユーザーは堂々とこう言ってのけます。

「実用的であってはならない」

……!!! それって、どゆこと? そう思うあなたのために、ちょっとだけお見せしましょう。

たとえば、こんなやつ。

これは「観葉植物に水やりするためのPalm」。どうなっているかというと、Palmがタイマー代わりになり、時間になったらお風呂の水くみ上げ装置が作動し、毎日きちんと水を撒くというもの。

……いやいや、これ、十分実用ですやん。

そう思ったあなた。違うんです。だって、そもそも水やりのためにPalm使う必要ないでしょう? それをなぜ、あえてやってみたか。その理由はたったひとつ。

「受けたい」

そう、彼らはただ「受けたい」という一心で、こんなたいそうな仕掛けを作ってしまうんです。その最たるものは、かの有名な「ナイトライダー仕様Palm」。

これです。ただ「ボタンを押すと光る」という、ただそれだけのもの。そのために、彼らはPalmを三枚に下ろし、プリント基板を組み込んで改造しちゃったりするんです。どうです、ちょっとおかしいでしょう?(←しつこいようですが、褒めてます)

なぜそこまでして「受けたかった」のか。実は、そこには深ーい訳がありました。その理由が知りたい方は、ぜひリンク先の元記事をご覧ください!↓

「オフ会で見せびらかすためにPalmを光らせる」PDA改造を通して見えたガジェット愛

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

新型コロナ・ウィルス最新情報(2020年2月11日版)

【旧車生活】オーバークロック

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る