【ランチ】入谷「麺処 晴」の 味玉塩ラーメン

東京にも雪が降るかも、という予報のあった寒い日。
暖房の効いた事務所にいても足元が冷えてしまったので
お昼にはあたたかいものが食べたいな。
でも、家康のおうどんは昨日食べたところだし。
さて、どうしたものか……。

そういえば、さっき秋葉さんが出かける直前に
「『晴』っていう選択肢もあるよ」
って言ってたっけ。

秋葉さんと真花さんはそのお店に行ったことがあるのだけど
わたしはお昼にラーメンが食べたいと思うことがほとんどないので
まだ行ったことがない「晴」。

この日、ランチを共にする涼さんに
「晴」のラーメン画像を見せてみると
目を輝かせ(☆▽☆)←ラーメン好き
「今日はここにしよう! きっとスープで身体も温まるよ!」
と即決(笑)
雨が降りしきるなか、「晴」を目指すことになりました。

入谷駅の上野側出口からすぐのところにある
そのラーメンやさんは
「晴」とかいて「はる」と読みます。
人気店で行列ができることも多いようです。
12時になる前に到着したわたしたちは並ばずに入れましたが、
そのあと、あっという間に満席になりました。

煮干しの香りが広がるカウンターで待つことしばし。

やってきました、味玉塩ラーメン。

鶏チャーシューと、豚チャーシュー、
それに長すぎるメンマ(笑)、
あと、青ネギ、玉ねぎ、味玉子が乗っています。
麺の細さ、分量も、ちょうどよかったです。
あまりラーメンを食べないわたしでもおいしくいただけました。

スープの塩味がちょっと強めかな、と感じたのは
もしかしたら、わたしが風邪気味だったからなのか。
味見させてもらった涼さんのスープ(味玉そば)のほうが
おいしく感じたんですよねぇ。
ところが、涼さんは塩ラーメンのスープのほうがおいしかったそうで
今度はお互いに逆のラーメンを頼んでみないとね、と
言いながら帰ってきました。

ごちそうさまでしたー。

■麺処 晴
東京都台東区下谷1丁目11-7
リーベル入谷1F

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【コラム】デジタル・デトックスならぬ「デジタル・ミニマリスト」とは

【レビュー】使う頻度少ない家電は新型に 「脱・休家電」のススメ

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る