【暮らし】お雑煮にもいろいろあるのです

松の内は過ぎてしまいましたが…
今年もおいしいものを求めていく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、お正月のおいしいものといえばお雑煮!

わたしが小さい頃は、年末になると父が営む小さな工場(こうば)で
従業員とその家族がそろってお餅つきをして、
できあがったのを女性陣と子どもたちが丸めていくということをしていました。
今は、そのころを思い出しながら
ホームベーカリーでお餅つきをするのが恒例となりました。

一度目はつきたてのお餅をその場で食べ、
(大根おろしとお醤油をからめ、焼きのりで包んでいただきます)
二度目はお雑煮用に作ります。
今回は乾燥エビを混ぜたかき餅(なまこ型)も作りました。

我が家のお雑煮はいつも相方が作ってくれるので、
お餅は丸餅だけど
おだしや具材は、関東風。
という東西が融合したお雑煮です。

真花さんのご実家のほうでは具沢山なうえにスルメも入っていて、
お椀から取り出したお餅に塩納豆を絡めて食べるそうです。
また、秋葉さんのご両親(東北ご出身)は
お雑煮といえばおしるこなんですって。

地域によってこんなに違うお雑煮という食べ物、
とっても懐が深いんですねぇ。

河村 佳子(かわむら かこ)

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

明けましておめでとうございます!

【レビュー】SmartLED「PS-LIB-W01

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-7-1

    【インタビュー】No.0010 インターネット黎明期、樋口理さんが感じた「ネットワークの力」とは

    インターネットビジネスの黎明期、タワーレコードの伏谷博之氏やデジタルガレージの伊藤穰一氏とともに、…
  2. 2019-8-12

    【インタビュー】No.0016 グローバルな子はワガママであれ!ジュネーヴ在住、杉野ママの子育てとは

    かつしかFM「早く教えてっ!ママレーザー」のパーソナリティとしてご活躍していた杉野朋子さんは、小5…
ページ上部へ戻る