【ランチ】入谷・「家康」の肉うどん

寒くなってきましたね。
お腹が空いてくると余計に寒さが身に沁みます。

「何かあったかいものが食べたいな」
「風邪気味だから消化のいいものがいいな」

なんて思うときには「家康」へレッツゴー!
こちらでは、お店で手打ちしているおうどんがいただけます。

関西人のワタクシとしては、はじめは「どうなんだろうなぁ」と
いぶかしく思いながらの訪問だったのですが
思いのほか、おいしくいただけました!

今では東京にもうどん文化が広がってきているので
昔みたいに色が濃くてしょっぱくて底が見えないスープのおうどんって
もう存在しないのかもしれませんね(笑)

「家康」のおうどんは、1人前の麺の量が多めなので
わたしは0.8人前でちょうどいいぐらい。
増量は1.5倍まで(だったかな)対応してくれるようです。

スープもたっぷりあるので
食べ終わる頃には暑いぐらいに
身体がぬくもりますよー。

■家康
東京都台東区入谷1丁目23−2

河村 佳子(かわむら かこ)

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【インタビュー】No.0024 安田理央が「常に全部持ち歩きたい」欲を叶えたノートとスマホの使い方とは

【隠居の書棚】 #02 『medium[メディウム] 霊媒探偵城塚翡翠』相沢 沙呼

オススメの記事

  1. 2020-1-8

    【暮らし】お雑煮にもいろいろあるのです

    松の内は過ぎてしまいましたが…今年もおいしいものを求めていく所存です。どうぞよろしくお願いいたしま…
  2. 2020-1-23

    【隠居の書棚】 #04 『ディオゲネス変奏曲』陳浩基

     前回、コラムが長くなりすぎて積み残してしまった陳浩基の短編集『ディオゲネス変奏曲』について触れて…
  3. 2020-1-17

    【レビュー】SmartLED「PS-LIB-W01 ソフト編

    先週レビューしたSmartLED「PS-LIB-W01」(+Style)ですが、1週間ほど使ってみ…
  4. 2019-12-30

    【インタビュー】No.0027 「天才美少女ネコ」りりさん、Twitterで出会ったパートナーとの婚約をフォロワーに報告

    平成最後の日、「平成ガジェット鑑定ショー」の出演者であるりりさんと出会いました。りりさんは、出演者…
  5. 2020-1-14

    【隠居の書棚】 #03 『13・67』陳浩基

     ネット書店では、本との偶然の出会いがなくなると言われるし、実際そう感じることも多い。だが、何事に…

オススメの小説

  1.  通り雨だ。激しい土砂降りの後、何事もなかったのように雨が上がった。  見上げると虹が出てい…
  2. 「ねえねえ」 「うん?」 「国立美術館で『印象派絵画展』をやるの、知ってた?」 …
  3.  竹には「真っ直ぐに伸びる」という印象があります。昔から「物干し竿」「竹垣」などの、真っ直ぐな素材…

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-8-21

    【インタビュー】No.0020 「選択肢の幅を広げたい」ワーキングマザー黒川富士子さんの子育てポリシーとは

    仕事の関係で知り合ったのが10数年前。某メーカーの製品PR担当だった黒川さんは、とても品が良くて頭…
  2. 2019-5-27

    【インタビュー】No.0003 「見えないけど見える」写真家、視覚障害のある西尾さん

    私が日頃お世話になっている「西尾はり灸マッサージ治療室」の西尾さんは、視覚障害者。しかし彼のブログに…
  3. 2019-6-20

    1000人に会いたいプロジェクト、インタビュイー募集中!

    令和元年に「1000人に会いたいプロジェクト」を始めました。 https://www.of…
ページ上部へ戻る