【インタビュー】「CLIEをPDAと呼ぶな」コンバージド・デバイスの先がけとして開発されたソニーVZ90とは

「CLIEをPDAと呼ぶな」コンバージド・デバイスの先がけとして開発されたソニーVZ90とは

CLIEの販売中止が発表された日のことを、今でも覚えています。「ああ、これで日本からPalmの灯が消えた……」と肩を落とした、あの日のことを。HP200LXの生産中止報道のときも衝撃を受けましたが、CLIEのときはそれとはまた違っていました。単なるひとつの製品(ブランド)が消えるというより、「これで日本のPDAは終わった」というような、そんな気持ちになりました。

なぜCLIE(=PDA)はなくなってしまったのだろうか。それからしばらく、私はそのことばかり考えていました。そして、自分のなかでひとつ区切りをつけるため、BCNで記事を書かせてもらいました。その記事のタイトルは、以下の通り。もしご興味ありましたら、リンク先から元記事をお読みください。

ソニー、PDA撤退を決定、名機CLIEが辿った「本家なき個性派」の悲劇

この記事のなかで私は、ソニーがCLIEを手放した要因について、以下のように分析していました。

 主流がなければ、アンチ主流の個性も際立たない。「NZ90」や「VZ90」のように先進的な製品を発信しながら、一方では「TJ25」や「TH55」のようにメインストリーム的な製品をも提供しなければならなくなったところに、ソニーの苦悩があったといえる。

しかし、本当にそうだったんだろうか。そのことをどうしても確かめたくて、当時VZ90の開発を担当していた後藤さんにアプローチしてみました。「PDA博物館で、あのときのことを話してもらえませんか?」。

後藤さんと初めてお会いしたのは、まさに最後のCLIE「PEG-VZ90」が発表されたときでしたから、なんと15年ぶり。久しぶりにお会いした後藤さんは当時のまま。まるで今、市場で発売されている製品のことを語るがごとく、PEG-VZ90の魅力について熱く話してくださいました。

結論からいうと、私の分析とは違ったお話になりましたが、当時現場にいた後藤さんの話は非常に興味深く、個人的に深く納得できたお話でした。当時をご存知の人も、そうでない人も、ぜひ一度ご一読ください。製品開発の裏にあるストーリーの面白さ、きっとわかっていただけると思うんです。

ところで、ソニーシティの一階に、こんな年表のような展示があるのはご存知ですか?

タイムラインに従って、ソニーが開発したさまざまな製品が並べてあり、ウォークマンやプレステなどあますところなく展示されているのですが、なぜかこのあたりにあるはずのCLIEが存在していません。

なぜここにCLIEがないのか?その理由をご存知のかたは、ぜひ井上までご一報を! これを見て以来、私、ずっとモヤモヤしているんですよね…。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

働かないふたり(吉田覚)

【レポート】Appleのサポート拠点、ジーニアスバーに行ってきた

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る