働かないふたり(吉田覚)

毎週月曜日は電子書籍の日! 今日ご紹介するのは、「働かないふたり」というマンガです。マイカの本ではないので、書影は載せられません。とりあえず我が家の「働かないマロ」をどうぞ。

ストーリーは、タイトル通り「働かない」兄妹の二人が織りなす日常。サザエさんのように、四コマ×2(1P)が2〜3ページで終わるような、一話読み切りスタイルです。短いから、すぐに読めてしまいますが、つい「もう1話だけ」「もう1話も……」と、どんどん読み進めてしまいます。1巻から3巻までKindle Unlimitedで読めるから、と安易に読み始めてしまったのが運の尽きで、そこからどんどん沼にはまり、いまや17巻まで買って読んでいる始末。

最大の魅力は、登場人物。兄の守くんは、おそらく非常に頭がいい。そして読書家。なにをやらせてもきっとうまくやれるはずなのに、あえて何もせず、家にいる。その理由は、やっぱり妹の春子ちゃんを守るため(名前のごとく)なんじゃないかなと。

春子ちゃんは、ひきこもりでコミュ障なんだけど、とても天然でかわいくて面白い女の子。兄の守くんや家族とだけは普通に話ができるんだけど、ストーリーが進むと共に、少しずつ話せる相手が増えていきます。最初は、守くんの友達の丸山くん。それから、隣に住んでいる(ひそかに兄妹のファンで、いつも窓からじっと見ている)OLさん。友達の友達がまた友達を連れてきて、どんどん仲間が増えていきます。

みんな「この兄妹と一緒にいると、なんでもないことがすごく楽しい」と思い、もっと二人と一緒に過ごしたいと思うんですよ。ちょっと不安だったり、ストレスを感じていたりする人も、この二人と一緒にいれば、なんとなく気持ちが軽くなる。そんな不思議な力が、この二人にはあるんですね、きっと。親御さんは大変だろうとは思いますが(笑)、私も彼ら同様、「ずっと二人が働かずにこのままでいられますように」と祈ってしまいます。

1〜3巻までは、Kindle Unlimitedで読めます(この前まではAmazonプレミアムの人も無料で読めたけど、今はどうかしら)。ちょっとホッとしたいという人におすすめします。ぜひお試しあれ!

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

Steamゲームレビュー:脳汁炸裂! 手に汗握るPVP剣術アクションゲーム「MORDHAU(モルダウ)」

【インタビュー】「CLIEをPDAと呼ぶな」コンバージド・デバイスの先がけとして開発されたソニーVZ90とは

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る