【小説】天に昇る梯子(楠田文人)

 ほとんどの建物は日常的に屋上を使いません。もちろん屋上に展望台があるので入場券を販売しなければならないとか、太陽光発電パネルを設置してあるのでしょっちゅう雑巾がけが必要であるとか、貯水槽でカワウソが泳いでないか確認する必要があるとか、確固たる理由があれば別ですが、特に用がなければ屋上に昇りません。

 ところが何かの理由で屋上に昇らなければならなくなると、屋根に穴を開けるわけにはいかないため外側から梯子を使うことになります。そしてそれは一時的な理由ではない場合が多いので、常設的に梯子を設置する必要が生じます。

 なるべく短くして、設置コストを低くしようと考えた結果、外側階段上の柱から昇るようにしました。かなり勇気が要ります。

 二階の窓から出て屋上に上がります。身軽かどうかが試されるので入社試験の必須科目になっています。

 屋上に昇ってる間に窓を閉められたらどうするんでしょうね。

 何故ここに設置されたのか謎の梯子です。

 昇るための梯子でしょうか、それとも降りるための梯子でしょうか。誰が使うのでしょう。不思議です。

「ふふふの話5」より

楠田文人 著作一覧
created by Rinker

楠田文人作家

投稿者プロフィール

IT 系コピーライターをしています。お話(電子書籍)も書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

四色朝顔、これで出揃いました!

出先でも本格的に仕事ができるモバイルディスプレイが気になる……。

オススメの記事

  1. 2020-1-10

    【レビュー】SmartLED「PS-LIB-W01

    数年前、スマートスピーカーが話題になったとき、Google Home(Google)やAmazon…
  2. 2019-5-1

    「1000人に会いたい」プロジェクト、始めます(真花)

    私が一番好きな仕事は「インタビュー」。人に会ってお話を聞き、その話を記事にまとめる仕事だったら、タダ…
  3. 2019-11-22

    【隠居の書棚】 #01 『屍人荘の殺人』今村昌弘 

    ◆特殊設定についてばらす  『屍人荘の殺人』は、2017年度の4大ミステリ賞をデビュー作で総…
  4. 2020-1-14

    【隠居の書棚】 #03 『13・67』陳浩基

     ネット書店では、本との偶然の出会いがなくなると言われるし、実際そう感じることも多い。だが、何事に…
  5. 2019-12-30

    【レビュー】2019年家電は「個電」が人気 調理器具はダイニングへ

    https://style.nikkei.com/article/DGXMZO53453170X1…

オススメの小説

  1.  竹には「真っ直ぐに伸びる」という印象があります。昔から「物干し竿」「竹垣」などの、真っ直ぐな素材…
  2.  ほとんどの建物は日常的に屋上を使いません。もちろん屋上に展望台があるので入場券を販売しなければな…
  3.  通り雨だ。激しい土砂降りの後、何事もなかったのように雨が上がった。  見上げると虹が出てい…

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-7-12

    【インタビュー】N0. 0014 子育てしながらフルタイム勤務の内田容子さんが語る、HAPPYに生きるコツ

    内田さんとは仕事の関係で知り合いましたが、お話していると楽しくて、お会いして以来、プライベートでも…
  2. 2019-5-1

    「1000人に会いたい」プロジェクト、始めます(真花)

    私が一番好きな仕事は「インタビュー」。人に会ってお話を聞き、その話を記事にまとめる仕事だったら、タダ…
  3. 2019-7-11

    【インタビュー】No.0011 カカクコム松田真理が目指す、理想の文章とは

    以前、マイカ社員として一緒に仕事をしていた松田真理(まつだしんり)くん。2013年退社後、カカクコ…
ページ上部へ戻る