作家の日常(阿川大樹)

「終電の神様」や「D列車で行こう」「あなたの声に応えたい」など、数々の名作を世に送り出している人気作家、阿川大樹さん。実は、私(井上真花)と大樹さんは長年の付き合いで、私の「らくらくPalm生活」というメールマガジンをプロデュースしたのも彼でした。あのときは彼が担当編集で私がライターでしたが、今回ご紹介するのは、その大樹さん自身が執筆し、オンラインマガジン「騒人」に連載したエッセイ「作家の日常」です。

大樹さんは、以前、某会社の役員でした。しかし、あるときその職を辞め、作家を目指したのです。そのときのことを、彼は本書でこう語っています。

 ひとりの人間の人生に、平均などなんの意味も持たない。自分がいつ死ぬのかはだれにもわからない。人は死ぬ。死ぬときに自分は何をしていたいのか。死ぬまでに何を成し遂げたいのか。それを考えた。
 自分は小説を書きたい。命のある限り小説を書き続けて、小説家として死にたい。
 目の前の仕事がどんなに面白くてやりがいがあろうと、そんなことをやっているヒマはない。人生は有限で、しかも、いつ終わるかわからない。
 それから目の前の仕事を片づけるのに数年かかった。
 会社員を辞めて専業小説家志望者になった。

そのとき、彼はすでに40才過ぎ。作家デビューするには、決して若くない年齢です。でも、彼は諦めませんでした。

 小説家としてデビューするには、受賞作が単行本として出版される長編の新人賞を獲るのが近道だ。中学生の頃から小説を書き続けていたけれど、200枚を超える小説は書いたことがなかった。
 初めて書いた600枚の長編小説が、第16回サントリーミステリー大賞の最終候補になった。順調な滑り出しだと思ったが、いくつかの賞の次点になったものの、会社員を辞めてからデビューするまでに9年かかった。
 それまで出版社に持込をしたり、新人賞に応募し続けていたのだ。
 デビューまで、思ったよりも長い道のりだったけれど、不思議なことに「自分は小説家になれないのではないか」と不安になったり自信を無くしたりしたことは一度もなかった。本当に不思議だと思う。
 何の客観的な根拠もないのに、将来、自分は小説家という職業に就く、ということを、9年間、一瞬たりとも疑うことはなかった。

こういった興味深いエピソードに加え、仕事場・道具、編集者とのつきあい、印税と原稿料など、作家のリアルな日常を描くエッセイ集。阿川大樹氏のファンはもちろん、作家という仕事に憧れている人、そうでない人も、ぜひ一度ご覧下さいませ。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ビジネス用途もOK!? 大容量で軽い「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」(無印良品)を買いました!

【小説】竹(楠田文人)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る