ビジネス用途もOK!? 大容量で軽い「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」(無印良品)を買いました!

肩への負担を軽減するためリュックを買いました。

秋葉の場合、一眼レフやフラッシュ、iPadなどの取材道具を持ち歩くため、鞄が重くなりがちです。

これまでは、すぐに機材を取り出せる「ひらくPCバッグ」(abrAsus)を愛用していましたが、肩掛けタイプのためか、肩に負担がかかってしまったようです。

そこで、リュックを探したのですが、ビジネスリュックやカメラリュックは価格が高すぎて、とても「試す」ことができません。そこで見つけたのが「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」(無印良品)。価格は2990円と格安。

容量は大きくパソコンや一丸デジカメも問題なく収納できます。

手提げとしても使えるリュックサック・A4サイズ」と迷ったのですが、「肩の負担を軽くする」と謳うリュックを購入しました。

実際にバックの中身を入れ替えてしょってみたところ、かなり軽く感じます。新開発のショルダーパッドが奏功しているのでしょうか。

デジカメやレンズを守るためのインナーケースやケーブル類をまとめるポートなどは別途必要になりますが、何でもざっくりと入れられるリュックはかなり便利そうです。

一眼デジカメ・レンズ・フラッシュ・iPadを入れてもまだまだ余裕

とりあえずウェストポーチにもなるカメラバッグをインナーバッグ代わりにして、一眼デジカメとレンズ、フラッシュを入れてみました。

側面のポケットには折りたたみ傘と扇子。背中側にあるポケットは定期などを入れるのに便利そう

傘や扇子、ペットボトルは側面のポケットに入りますし、取材用のiPadを入れてもぜんぜん余裕。背負ってみても肩への負担は軽微です。

肩の負担が気になっている人は、ひとまず「肩の負担を軽くする撥水リュックサック」を試してみてはいかがでしょうか。

秋葉 けんた

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

オーベルジュをめぐる旅

作家の日常(阿川大樹)

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る