なぜ平成最後の日に「ガジェット鑑定ショー」を放送したのか? 構成担当のPDAマニアが登場

なぜ平成最後の日に「ガジェット鑑定ショー」を放送したのか? 構成担当のPDAマニアが登場

昨日に続き、今日もトトロ大嶋。さんが登場。カカクコム「PDA博物館」最新記事です。実はトトロさん、ご自身もガジェットマニアだったんですね。

今回とくにお聞きしたかったのは、なぜ平成最後の日、しかも正午に「ガジェット鑑定ショー」を放送したのかというお話。深夜枠の番組ですよね、普通に考えると。それをあえて「ゆく時代、くる時代」の真ん真ん中に据えた理由、ぜひ聞いてみたかったんです。視聴者のみなさんも、きっと気になっていたと思います。記事内で、しっかりその理由を説明していただきました。どうぞご覧くださいませ。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【インタビュー】ガジェット鑑定ショーの放送作家、トトロ大嶋。さんが語るメディアのあり方

湯島「カレーclover」のキーマカレー

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る