クッションフロアの黒ずみには「激落ちくん」が効く!

お掃除大好きな秋葉です。

掃除機が壊れてしまったので、床掃除のメインは「ダスキン」のモップと床掃除ロボット「ブラーバジェット」です。

普段のお掃除はこの組み合わせで全く問題ないのですが、困っているのがクッションフロアの黒ずみ。

クッションフロアとは、脱衣所やトイレなどの水回りに使われるビニール製の床材のこと。

わが家はリビングや廊下にもクッションフロアを敷いています。というのも、わが家には足腰が弱りつつある老犬がいるため、脚が滑りやすいフローリングではなく、クッション性が高く、グリップしやすいクッションフロアを使っています。

実は以前は、タイルカーペットを敷いていたのですが、トイレを失敗するたびにタイルカーペットを剥がしたり洗ったりするのが大変で、防水性の高いクッションフロアに変えました。

最近のクッションフロアはフローリングのようなデザインのものもあり、リビングや廊下で使っても全く違和感がありません。老犬を飼っているお宅にはオススメの一品です。

今回は、そんなクッションフロアの「黒ずみ」をとる方法を紹介しようと思います。

クッションフロアは使っているうちにどうしても黒ずんできます。黒ずみの原因は、皮脂やホコリが固まること。これらを除去するための洗剤もあるようですが、床をワンコが舐めるといやなので、もっと安全な方法を採用することにしました。

それが「激落ちくん」です。水を付けてこするだけで汚れが取れるメラミンフォームのスポンジです。洗剤を使わないので、犬が舐めても問題ありません。今回のお掃除に最適なアイテムです。

実際にクッションフロアを掃除すると、ちょっとこするだけで黒ずみがみるみるとれていきます。後は家中を激落ちくんで掃除すればOKです。

激落ちくんは汚れを簡単に落とすことができるので、クッションフロアの黒ずみが気になっている人は、是非試してみてください。

秋葉 けんた

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【インタビュー】No. 0012 熟練編集者、渡辺さんがインタビューのコツを伝授

【インタビュー】No. 0013 末期がんを告知された水城さんが考える、コンテンツを作る意味とは

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る