「ソニー製の“LX”はかっこよかったんです」 日本でLXを作ろうとした元ソニー社員が登場

モバイル黎明期に誕生したPDAをふりかえり、未来へのヒントにつなげる連載。前回の永津氏(参考:巨大アーケードゲーム「ギャラクシアン3」のために保管用マンション購入。内部を特別公開!)に続き、2019年4月30日にNHKで放映された「懐かしの平成ガジェット鑑定ショー」の出演者にご登場いただきました。いや、ほんと、あの番組は「PDA博物館」的に宝の山でした。出て良かった!

今回登場するのは、「ThinkPad 701C」(IBM)のバタフライキーボードを披露した樋口理氏。インターネットビジネスの黎明期、タワーレコードの伏谷博之氏やデジタルガレージの伊藤穰一氏とともに、さまざまなサービスの立ち上げに関わってきた樋口さん。彼は、そのかたわらにいつも、数々のモバイル端末を携えていたそうです。

そんな樋口さんですから、きっといろんなPDA使っていたんだろうなあとは予想していましたが、ふたを開けてみると、まさかの展開! な、な、なんと! あのLXをソニーが開発するところだった……なんてとんでもない秘話が!

PDA好きな人も、そうでない人も、ぜひご一読ください。当時のワクワクするような空気がきっと伝わると思います。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

KeyOne、Gemini PDA、HP200LXのキーボードについて

妄想非科学小説 闇球(楠田文人)

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-8-12

    【インタビュー】No.0016 グローバルな子はワガママであれ!ジュネーヴ在住、杉野ママの子育てとは

    かつしかFM「早く教えてっ!ママレーザー」のパーソナリティとしてご活躍していた杉野朋子さんは、小5…
  2. 2019-8-13

    【インタビュー】No.0017 ITライターから宇宙ライターへ。松村武宏さんが語る宇宙の魅力

    格安スマホライターとして有名な松村武宏さん、実はチームマイカのメンバーでもあります。マイカでお願い…
ページ上部へ戻る