「平成ガジェット鑑定ショー」で話題になったギャラクシアン3を取材しました!

本日、もう一本記事が公開されました。PDA博物館の最新記事のテーマは、なんと「ギャラクシアン3」です!

kakakumag.com

実は私(井上真花)、先日NHKの「ゆく時代、くる時代」に出演しました(そのレポートはこちらです)。

www.inouemica.work

午後の回に出演し、HP200LXの力でなんとか優勝を勝ち取りましたが、そのとき惜しくも1点差で優勝を逃したのが、自宅に「ギャラクシアン3」を所有しているという永津さんです!

f:id:mica:20190501111559j:plain
番組が終わって2ショットを撮影。右が永津さん。

このとき、ネット界では「ギャラクシアン3」がバズったらしく、Twitterでも見事トレンド入りを果たしました!

私自身、とてもインパクトを受け、「ぜひギャラクシアン3の本物を見てみたい!」と盛り上がって永津さんにお願いしたところ、「いいですよ」とご快諾くださいまして、先日、早速行ってまいりました!

ついでに、「せっかくだから記事にしよう」とカカクコムマガジンに提案し、PDAじゃないのにPDA博物館に入れてもらいました(担当のMさん、無理いってごめんなさい!)。

記事には、実際に遊んでいる動画もあります。きっと衝撃的だと思います!ぜひご覧くださいませ。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

「ばぁばの本音」企画、始動。井上真花が『出産の新常識』を提案します

出張に欠かせない三種の神器

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る