略称「スマホ」を広めた、矢崎氏に聞く

アスキーに20年以上在籍し、現在は「Engadget 日本版」の編集長を務める、矢崎飛鳥氏。メディアという立場から、また、ひとりのユーザーという立場から、長年にわたってモバイル市場の変遷を見てきた同氏に改めて、「スマホはPDAの進化形でしょうか?」という問いをぶつけてみた。さて、氏の回答はいかに?

kakakumag.com

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

同居人とケンカしたので、私、「ぼっちてんと」でゲーム部屋を作らせてもらいます

「1000人に会いたい」プロジェクト、始めます(真花)

miniポッドキャスト

「1000人に会いたい」インタビュー

  1. 2019-7-1

    【インタビュー】No.0010 インターネット黎明期、樋口理さんが感じた「ネットワークの力」とは

    インターネットビジネスの黎明期、タワーレコードの伏谷博之氏やデジタルガレージの伊藤穰一氏とともに、…
  2. 2019-5-1

    「1000人に会いたい」プロジェクト、始めます(真花)

    私が一番好きな仕事は「インタビュー」。人に会ってお話を聞き、その話を記事にまとめる仕事だったら、タダ…
ページ上部へ戻る