私がLinuxザウルスを選んだ理由。“リナザウ”SLシリーズを愛用したヘビーユーザーに聞く

私がLinuxザウルスを選んだ理由。“リナザウ”SLシリーズを愛用したヘビーユーザーに聞く

モバイル黎明期に誕生した「PDA」をふりかえり、未来へのヒントにつなげる本連載。PDAとは、「Personal Digital Assistant(あるいはPersonal Data Assistant)」の略称。主に、スケジュールやToDo、住所録、メモなどのPIM(Personal Information Manager=個人情報を管理するソフトウェア)を携帯するために使われていた、モバイル端末のことをこう呼びます。

1980年代から1990年代に流行した電子手帳も、PIMを管理する目的で作られました。文字通り、「電子」の「手帳」として、ビジネスマンが予定や住所録を管理するのに使っていたのです。このとき、シャープから発売され、その後PDAに進化したのが「ザウルス」でした。

ザウルスには3シリーズあり、ひとつは1993年に発売された8ビットCPUとモノクロ液晶のPIシリーズ「液晶ペンコム」。その後、1996年に発売されたのは、32ビットRISC CPUとカラー液晶の「MIシリーズ」(俗称、カラーザウルス)。

そして2002年に発売されたのが、OSにLinuxを採用した「SLシリーズ」(俗称、リナザウ)。PIシリーズやMIシリーズとソフト面での互換性がなく、一線を画したモデルとして話題になりました。

今回、連載に登場するのは、SLシリーズを愛用し、「ハッキングLinuxザウルス」(ソフトバンククリエイティブ刊。初版2004年)の共著者でもある、塚本牧生さん。塚本さん曰く、「PIMを管理するためのPDAは必要なかった」といいます。では、一体何に使っていたのでしょうか。お話を聞いてみると、意外な答えが返ってきました。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

大掃除は11月 最新家電で窓・外壁・台所をきれいに

すちーむまにあのオススメ☆Steamゲームレビュー第2回:大人数で戦う現代戦FPSゲーム「Insurgency: Sandstorm」βレビュー

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る