【車旅】車の方がしっかり眠れる!その秘訣は…

秋葉です。バンワークの話をすると、よく「車でもちゃんと眠れるの?」と聞かれます。

大前提として僕は寝るのが得意で、どこでもぐっすり眠れるタイプです。ただ、家と車を比較すると、車の方がよく眠れている実感があります。いつも腕につけているFitbitの睡眠スコアを確認すると、普段は70〜80点台ですが、バンワークでは80〜90点台を記録します。そこで、なぜそんなに眠れるのか考えてみたところ、5つの理由が見えてきました。

①そもそも睡眠時間が長くなる

家にいるときは、夜、テレビやスマホをダラダラと見てしまって、就寝が12時を超えることも少なくありません。しかしバンワークの場合、電気をあまり無駄に使いたくないため、食事が終わったら室内の電気はオフにして、LEDランタンの灯りで過ごします。そうするとあまりやることがなくなってきて、22時には就寝してしまいます。

②mont-bellのマットが素晴らしい

就寝時には「U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 180」(mont-bell)というスリーピングマットを使っています。このスリーピングマットはアウトドア用で、使っていないときにはとても小さくなり、空気を入れるとクッション性が高いマットになります。

同じように空気を入れるマットはほかにもありますが、どれも少しふわふわしていて、あまり落ち着きません。ところがこの「コンフォートシステム」は適度な固さがあり、ヘタをすると自宅のベッドより気持ちよく眠れます。そのおかげで熟睡できているのかもしれません。

③なるべく水平にする

いつもいろんな場所で車中泊しますが、場所によっては少し傾斜があります。人にもよりますが、僕は傾きが気になるタイプのようで、なかなか快眠できません。そういうときは、「FIAMMAフィアマ レベルシステム レベルアップ」という製品を使います。これは斜体を水平に保つためのレベルアップブロックで、この上にタイヤを乗せることで傾きを調整することができます。

④マルチシェードで灯りが気にならない

ハイエースにはカーテンを取り付けていますが、周囲の灯りが気になる時もありました。そこでハイエース専用のマルチシェードを購入しました。窓にきちんと貼り付けることができるため、灯りも気になりません。夜はしっかりと暗くできるので、ぐっすり眠れます。

⑤バルミューダの心地良い風が吹く

夏の車中泊で最も問題になるのが「暑さ」。扇風機やサーキュレーターの風を当てることで体感温度を下げることができ、暑い夜も眠りやすくなります。ただサーキュレーターの風を当て続けると、体調が悪くなる場合があります。

そこで僕はバルミューダの「The GreenFan」を使っています。この扇風機は自然風を再現していて、長時間当たっていても体調が悪くなりません。いつもは自宅で使っていますが、ためしにハイエースに持ち込んだところ、とても快適に過ごせました。

ちなみにThe GreenFanはバッテリーを内蔵することができるため、一度充電しておけば一晩中使うことができます。バッテリー駆動できるという点も、バンワークに適していますね。

いかがでしょうか。「車中泊だとなかなか眠れない」という方や、「キャンプで安眠できない」という方は、参考にしてみてください。

アバター画像

秋葉 けんた

投稿者プロフィール

IT系のライティングを担当。
書籍、雑誌、業界誌やWebコンテンツなど、コンシューマからB2Bまで幅広く執筆。また、広告やカタログ、導入事例といった営業支援ツールの制作にも携わる。年間におよそ200件の原稿を執筆。

 ●これまでの主な仕事
PC/周辺機器(CPU/DVD・BD・HD DVD/LCD/プリンタなど)、基幹システム(CRM/ERP/SFA/SOA/帳票など)、ストレージ(SAN/NAS/LTO/SASなど)、セキュリティ(BIOS/UTM/情報漏えい対策/デザスタリカバリ/内部統制・コンプライアンス/ネットワークセキュリティ/メールセキュリティなど)、ネットワーク(KVMスイッチ/グループウェア/サーバ/資産管理/シンクライアント/ホスティングなど)、その他(.NET/BI/カタログ/各種戦略/導入事例/パートナー取材など)…ほか、多数執筆。

 ●連絡先
メール:kenta@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

【週刊ポッドキャスト生活】#37 Google Podcastsに番組を登録しよう

【車旅】富岡製糸場でバンワーク

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る