【車旅】懐かしの「あんかけスパゲティ」

名古屋めし〜!

この地には美味しいものがたくさんあって、いつも何を食べればいいか悩むんだけど、今回だけは「絶対これ!」と決めていました。

その昔、秋葉原に「パスタ・デ・ココ」というお店がありまして。最初に訪れたときは「新しいパスタ屋さん」という程度の認識だったのですが、食べてみてびっくり。パスタの概念を覆す……とまではいきませんが、独特の「あん」の魅力に取り憑かれてしまい、足繁く通うようになりました。

ところが、それからしばらくすると秋葉原の「パスタ・デ・ココ」がなくなってしまいました。そのときはまだ新橋店があったので、どうしても食べたいときは新橋まで足を伸ばしていたのですが、ついに新橋店もなくなり、東京では「あんかけスパゲティ」が食べられなくなってしまったんです。

もう二度と食べられないのかと悲しんでいましたが、考えてみれば名古屋に行けばいつでも食べられるわけで。私たちはで日本中を走っているのですから、名古屋に行くチャンスはいくらでもあります。

ということで、今回、旅の途中で名古屋で高速を降りて「パスタ・デ・ココ」に行ってみました。あの味が食べられるのだから、そのためだけに高速を降りてもいい! それだけの価値はある!

お店に入って頼んだのは、もちろん「ミラカン」です。ミラカンといえば赤いウィンナーが有名ですが、このとき期間限定で「3種ソーセージのDXミラカン」というスペシャルメニューが始まっておりましたので、それをお願いすることに。さらに「鉄板+卵」オプションもつけて贅沢バージョンにしてみました。だって、久しぶりだったんですもの……。

懐かしのミラカンに、心も体も大満足でした。ポイントカードももらっちゃいましたし、絶対またこなくちゃ!

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

主な業務は、一般誌や専門誌、業界紙や新聞、Web媒体などBtoCコンテンツ、および広告やカタログ、導入事例などBtoBコンテンツの制作。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として「哲学カフェ@神保町」の世話人、2020年以降は「なごテツ」のオンラインカフェの世話人を務める。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ミーちゃん家のお隣りのケーキ

【車中泊】街中RVパーク石の蔵(佐賀県佐賀市)

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る