「1000人に会いたい」プロジェクト、始めます(真花)

私が一番好きな仕事は「インタビュー」。人に会ってお話を聞き、その話を記事にまとめる仕事だったら、タダでもやりたいぐらい好きです。

そろそろアラカンなお年頃、残りの人生はどんなことをして過ごしたいかな…と考えていて頭に浮かんだのは「もっといろんな人に会って、話を聞きたい」ということでした。

たとえば一週間に一人、お話を聞き、それを記事にするとして、それを10年続けたら何本書けるだろうと計算したら、ざっと500本。500本でもすごいけど、もし1000本書けたらどうだろう?と考えたら、無性にやってみたくなりました。

あと20年ライターを続けられるかどうかは怪しいところですが…そこは体力、知力ともに鍛えながら、だましだまし続けていけたらいいなあ、と。

そんな個人の趣味のような記事を載せられる媒体は自分で用意するしかない。あとでどこかに作るつもりですが、とりあえずはここと自分のブログに載せていこうと思います。

題して「1000人に会いたいプロジェクト」。この記事の下に、各記事のリンクを貼っていきます。興味のある方はぜひご購読くださいませ!

それでは、最後までどうぞよろしくお願いします。

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)

投稿者プロフィール

 有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。
 長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。
 一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。
 プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。
 ただいま「1000人に会いたいプロジェクト」に挑戦中!

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 13年間に亘ってキャンピングカーで日本全国を旅した著者がお届けする、リアルなキャンピングカー生活レポ…
  2.  楠田文人の「月龍」シリーズ、第二弾。月龍は、右手から毒の霧を放つ能力を持つ僧。吉祥王という者が、毒…
  3.  三月堂さんの母犬であるハルさんは、近所の猫たちに「ハル姉さん」と慕われていた。なにかというと「ハル…

ピックアップ記事

  1. 2019-6-17

    進化するロボット掃除機 リモートで部屋まで指定

    スマートホームとは、スマート家電を使って快適に暮らせるように工夫されている家のこと。家電コーディネ…
  2. 2019-6-14

    No.0007 小宮信夫教授が語る、最近の日本の犯罪傾向とは

    名前:小宮 信夫ジェンダー:男性職業:社会学博士、立正大学教授 日本で数少ない犯…
  3. 2019-6-13

    川崎殺傷事件から学ぶ 子を守るためにできること

    登戸事件をきっかけに、いろんなことを考えました。防犯の常識は、これから変えていかなければなりません…

アーカイブ

ページ上部へ戻る