日経新聞「買い物上手」で干し野菜作りをレビュー

日経新聞「プラスワン」の「買い物上手」、月に一度だけ執筆を担当しています。今回は「干し野菜」というテーマで、カゴと干し野菜ネット、家電2製品を比較しました。

ぶっちゃけ、野菜を干すだけならカゴ(ザル)があればOK。そこに野菜を並べ、半日〜数日干しておくだけで干し野菜ができあがります。干す時間は目的によって違っていて、干し野菜の味わいを楽しみたいのであればそこまで長く干さなくてもいいのですが、保存目的であればしっかり干しておく必要があります。もし長期間保存したいのであれば、しっかり干した野菜を冷凍すればOK。食材や状況にもよりますが、なかには「1年もつ」という人もいます。

ただ、ベランダに干していると、鳥や虫に食べられそうな気がして気になりますよね。そういう人は、専用ネットを用意しておくと安心です。キジで紹介しているのは、実際に私も使っているダイヤコーポレーションの「干し野菜バスケット」ですが、ほかにもいろいろあるのでお試しあれ。

梅雨の時期はベランダで干したくても干せないですよね。そういうときにあると便利なのは、干し野菜家電。今回ご紹介したのは、以下の2機種です。

お値打ち価格でお手軽なのはサンコーで、温度も設定できるのでこれで十分ですが、トマトなど水分を多く含む野菜を干したいときは、強力パワーのレコルトが欲しいところです。

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【レビュー】サイクリングを楽しむなら「自転車NAVITIME」がおすすめ!

【休日ランチ】喧騒を忘れるカフェめぐり

my cup of teaチャンネル

ページ上部へ戻る