【コラム】今の自分を助けてくれる(かもしれない)「3つの目」

おはようございます。井上真花です。

以前、「鳥の目」「虫の目」「魚の目」という話を聞いたことがあります。

「鳥の目」とは、鳥のごとく高い場所から俯瞰して物事を見るということ。「虫の目」とは、虫のごとく目の前のことをしっかり見るということ。 「魚の目」とは、魚のごとく(水の)流れを読む目を持つということ。

この3つの目を意識すれば、あらゆる事柄が多角的にとらえられるようになるとのことでした。

昨日、緊急事態宣言が発令されました。これによって、なにがどう変わるのか。私はどうすればいいのか。わからないことが多く、不安になっている人も多いと思います。私も同じです。

たとえば、仕事のこと。今後の影響を考えたり、別のやり方を模索したりしますが、なにせ初めて経験することですから。五里霧中で、どうしたらいいのかさっぱりわからない。

ふと、怖くなることもあります。そうすると、考えるのが嫌になり、短絡的に1つの結論を出してしまいそうになる。でもそんなことをしても、なにもいいことはありません。かえって後悔することになってしまいそう……。

だから、ここは「ぐっ」と踏みとどまり、3つの目を使って考えてみたい。鳥のごとく高いところから全体像を把握し、虫のごとく重要なポイントについて深く掘り下げていき、魚のごとく今後の動きを読む。

とても難しそうだし、できるかどうかわからないけど、きっとやってみて損はない! これをひとつのチャンスと捉えた思考実験、ご一緒にいかがですか?

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【旧車生活】ボルト

【週刊辻村】これを買っとけば間違いない! 絶対にオススメSteamゲーム42選!

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る