【旧車生活】旧車生活はじめました

このほどマイカでお世話になる水瀬と申します。ロートルの新参者ですが、今後ともよろしくお引き回しのほどお願い申し上げます。

さて、年を取ったせいなのか、古く、手のかかるアナログな道具たちに心惹かれるようになりました。エボナイト軸の万年筆や手巻き式懐中時計、真空管アンプなど、どれも私の大好物です。もともと日本人は古いものを大切に使い続け、道具にも魂が宿るという文化を持っていましたが、新しいものが尊ばれ、旧式なものはお払い箱行きにするライフスタイルが定着して久しいです。そんなマジョリティに抗う気持ちは毛頭ありませんが、1971年製のFIAT500を購入してしまう暴挙に出ました。

こうして始まった私の旧車生活。FIAT500 (通称チンク)とのドルチェビータ?について書いていきたいと思います。

水瀬 涼介ソリューションサービスチームリーダー

投稿者プロフィール

頭のなかにある景色を言葉にしていく楽しさを真花さんに教わり、
「カタチとして残るもの」へのあこがれを抱いてマイカのメンバーに加わった。

趣味は愛する旧車のメンテナンス。
愛車は1971年式のFIAT500-L

●これまでの主な仕事
外資系物流業界に長く従事。システム部、キーアカウント、4PLなど社内のあらゆる部署を経験したオールラウンダー。

この著者の最新の記事

関連記事

【インタビュー】「ThinkPadはもともとIBMの手帳の名前」(竹村譲氏)

【ランチ】竜泉「アポワン」のイベリコ豚のソテー

今日の一枚

[instagram-feed]

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る