この夏、「パーム航空」の「機長」にまた会える!近日いろいろお届けします。

パーム航空

Palmユーザーなら知らない人はいない。この夏、またあの人に会えますよ! なんてったって、私、インタビューしてきましたから!

少しフライングして告知してしまい、ゴメンなさい。来月、某媒体(多分みなさんのご想像通りの媒体です)と、ここの「1000人に会いたい」プロジェクトに登場します。久しぶりにお会いした彼は、全くお変わりないご様子。相変わらず、身振り手振りを交えながら、エネルギッシュにお話してくださいました! 今回、特別に彼の近影をちょっとだけお見せいたしますね。

機長! あなたにまた会えて嬉しかった!

そして本日(2019/08/19)、第一弾の記事を公開!こちらをご覧ください→「心の病を治してくれたPalmへの恩返し

……予習復習をかねて、彼の著書もぜひご一読下さいませ。

Palmを巡る
さまざまな男たち、女たちの物語!

発明家を父に持ったオチコボレ学者がいる。
ひたすら夢を追いかける女性起業家がいる。
その体に流れる血に葛藤したアメリカ人技術者がいる。
人生にもがき続けた日本人のサラリーマンがいる。
…その他、
目の前の現実と戦いながら、
いつ来るともしれない未来を掴もうともがき続けた
男たち、女たちの物語。

多くの人々がその人生を賭けたPalmとは
いったい何だったのか?
そして、彼らはPalmにいったい何を託したのか?

この本は技術書ではない。
ハウツー本でもない。
これは「物語」である。

Palmという小さな機械を巡る人間たちの
惨めで、必死で、愉快で、感動的な
「ドラマ」である。

 

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)インタビュアー

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

【小説】竹(楠田文人)

四色朝顔、これで出揃いました!

miniポッドキャスト

ページ上部へ戻る