新生姜、赤紫蘇、青梅、らっきょう。

お買い物をするときに商品棚で見かけると
「今年もこの時期がきたわね♪」
とワクワクします。
特に赤紫蘇は、うちの周りではあまり見かけないので
出会った時にはすかさずゲットです。

この時期、我が家では、
新生姜は甘酢漬け(いわゆるガリ)と、
ジンジャーエールシロップに。

f:id:mica:20190528123001j:plain

赤紫蘇は紫蘇ジュースシロップに。

f:id:mica:20160718095353j:plain

青梅は梅酒にしたり、梅ジュースにしたり。

f:id:mica:20170714081707j:plain

らっきょうは甘酢ではなく塩で漬けます。
これがまたお酒のアテにいいのですよ。
どれもおいしくて夏バテ予防にイイので
自家製で楽しむことにしています。

自家製ってめんどくさい?
そうかもしれないけど、
意外と楽しいこともあるんですよ。

たとえば、紫蘇ジュースを作るとき。
沸騰したお湯に赤紫蘇をいれたら
葉っぱが緑色に変わっちゃうとか
紫蘇の色が移って赤く濁ったお湯に
クエン酸をいれると色鮮やかなマゼンタ色に変わるとか、
手作りならではの発見がそこにはあります。

毎年ほぼ同じ工程で作るので、
経過も結果もわかっているのに
紫蘇シロップにクエン酸を入れるときには
「うわぁ。理科の実験みたい♪」
と喜んでしまうわたしは、
毎年新鮮な驚きを感じられるという
単純な人間なのかもしれませんけどね(笑)。

また、シロップ用に煮だしたあとの紫蘇の葉は
広げて乾かしたあと、ミルサーで細かくし
フライパンで炒ったお塩とまぜると
自家製のふりかけ(ゆかり)ができるので
紫蘇の葉を余すところなくいただくことができます。

手作りするのは気持ちに余裕がないと難しく、
おまけに夏は年々暑くなって
ツライばかりのように思えますが
季節を感じたり楽しんだりする気持ちは
持っていたいなぁと思います。

(佳)

河村 佳子(かわむら かこ)

河村 佳子(かわむら かこ)

投稿者プロフィール

あるときはメイド。またあるときはバドガール。バリバリと仕事をこなす真花社長の目を保養するためにマイカに入社。色物担当。本業は管理部門。総務・経理の仕事を担当している。

●これまでの主な仕事
短大卒業後、金融系の職に就くものの阪神大震災に遭い転職。
大阪で不動産会社に入社し、独学で宅地建物取引主任者の資格を取得。その後、華麗なる転身を試みるべく上京。設立して間もない会社に携わることが多かったので、総務的な社内整備を得意とする。

●連絡先
メール:kako@office-mica.com

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 13年間に亘ってキャンピングカーで日本全国を旅した著者がお届けする、リアルなキャンピングカー生活レポ…
  2.  楠田文人の「月龍」シリーズ、第二弾。月龍は、右手から毒の霧を放つ能力を持つ僧。吉祥王という者が、毒…
  3.  三月堂さんの母犬であるハルさんは、近所の猫たちに「ハル姉さん」と慕われていた。なにかというと「ハル…

ピックアップ記事

  1. 2019-6-17

    進化するロボット掃除機 リモートで部屋まで指定

    スマートホームとは、スマート家電を使って快適に暮らせるように工夫されている家のこと。家電コーディネ…
  2. 2019-6-14

    No.0007 小宮信夫教授が語る、最近の日本の犯罪傾向とは

    名前:小宮 信夫ジェンダー:男性職業:社会学博士、立正大学教授 日本で数少ない犯…
  3. 2019-6-13

    川崎殺傷事件から学ぶ 子を守るためにできること

    登戸事件をきっかけに、いろんなことを考えました。防犯の常識は、これから変えていかなければなりません…

アーカイブ

ページ上部へ戻る