OFFICE MICA

マイカの公式ブログ。最新情報をお届けします。

栄養偏らず食育も!共働き家庭の外食・中食活用ワザ

f:id:mica:20190423142155p:plain


共働きのDUAL家庭にとって、特に平日は息をつく間もないくらい怒涛の日々。パパやママは、頭を悩ませながら、おいしく楽しく時間をかけずに食事を作るためにいろいろな工夫をしていることと思いますが、時には、外食・中食を取り入れざるを得ない日もあるでしょう。

「外食」とは、家以外で食事をすること。そして「中食」とは、料理品小売店の店頭で弁当や総菜などを買ってきて家で食べること。「審食美眼塾」を主宰する食育スペシャリストのとけいじ千絵さんによると、「外食は1980年代、中食は1990年代後半になり、女性の社会進出に伴って急増するようになりました」とのこと。

 「自分自身が子どもの頃に、日常的に外食・中食をした思い出を持たないママたちは、自分の子どもに手料理を食べさせていないことに対する罪悪感を抱いてしまうかもしれません。しかし視点を変えると、外食は、食べ慣れたお母さんの味以外の味を試す・知ることができる貴重なチャンス。料理を作る時間や後片付けの手間が省ける分、子どもときちんと向き合って食事をする時間をつくることができるなど、プラスの面もあるはずです」(とけいじさん)

dual.nikkei.co.jp