アップル影の歴史、Newton発売25周年企画。これがあったからiPhoneが生まれた?

2018年9月13日(米国時間9月12日)、アップルが新製品の発表会を開催する。例年通りであれば、この場で「iPhone」の新モデルが発表されることから、ネット上では、さまざまな噂や憶測が飛び交っている。

「電話の再発明」から、今や生活の一部として欠かせない存在にまでなったiPhone。その礎として、かつてアップルが「Newton MessagePad」(以下、Newton)と呼ばれるモバイル端末を発売していたのを、ご存じだろうか?

Newtonは、アップルの元CTO(最高技術責任者)だったジョン・スカリー氏の「ナレッジ・ナビゲータ」という構想を実現するPDAとして開発。1993年に発売され、今年はちょうど発売から25周年にあたる。

そこで今回は、Newton発売25周年企画として、日本でのNewton普及に尽力したエヌフォーのCEOリチャード・ノースコット氏と、以前も本連載に登場した“Palmの神様”山田達司氏との対談をレポートする。(※聞き手=PDA博物館初代館長 マイカ・井上真花)

f:id:mica:20180919110238j:plain

kakakumag.com

井上 真花(いのうえみか)

井上 真花(いのうえみか)

投稿者プロフィール

有限会社マイカ代表取締役。PDA博物館の初代館長。日本冒険作家クラブ会員。

長崎県に生まれ、大阪、東京、三重を転々とし、現在は東京都台東区に在住。1994年にHP100LXと出会ったのをきかっけに、フリーライターとして雑誌、書籍などで執筆するようになり、1997年に上京して技術評論社に入社。その後再び独立し、2001年に「マイカ」を設立。

一般誌や専門誌、業界紙や新聞、ネットコンテンツ、広報誌などの制作をするかたわら、電子書籍専門の出版社「マイカ出版」を立ち上げ、オリジナル作品をパソコンおよび携帯電話の電子書籍の販売サイトにて販売している。

プライベートでは、井上円了哲学塾の第一期修了生として、哲学カフェ@神保町の世話役を担当。趣味は考えること。ライフワークは「1000人に会いたいプロジェクト」

井上真花の公式ホームページはこちら

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. 表題の「闇球」とは、通常の電球と同じ形状を持ち、マイナスの電気により通常とは逆に「暗さ」を生じさせ…
  2. 13年間に亘ってキャンピングカーで日本全国を旅した著者がお届けする、リアルなキャンピングカー生活レポ…
  3.  楠田文人の「月龍」シリーズ、第二弾。月龍は、右手から毒の霧を放つ能力を持つ僧。吉祥王という者が、毒…

ピックアップ記事

  1. 2019-6-21

    KeyOne、Gemini PDA、HP200LXのキーボードについて

    小さいガジェット大好きな秋葉です。 今回は、BlackBerry KeyOne、Gemini…
  2. 2019-6-20

    No.0008 ゲームライター辻村美奈が8年前にハマったゲームとは

    ゲームレビューやゲーミングPC、周辺アクセサリのレビューなど、マイカでゲームに関する記事を執筆して…
  3. 2019-6-20

    1000人に会いたいプロジェクト、インタビュイー募集中!

    令和元年に「1000人に会いたいプロジェクト」を始めました。 http://www.off…

アーカイブ

ページ上部へ戻る